こんにちは。
 
 
プロのエアコン施工職人板倉です。
 
 
今日はお掃除機能付きのエアコンのお手入れについて、
解説していきたいと思います。
 
 
よろしくお願いします。
 

お掃除機能付きエアコンはクリーニングしなくていいの?

 
 
結論から言ってしまうと、
お掃除機能付きエアコンでも、
『エアコン洗浄クリーニング』をやらないとダメです。
 
 
エアコンというのは、
その多くが上部が吸い込みになっていて、
下のファンから空気が吐き出される構造になっていますが、
その上部から空気を吸い込む時に、
空気中のホコリがフィルターに溜まっていきます。
 
 
画像
 
 
そのフィルターのお掃除をしてくれるのが『お掃除機能』で、
逆に言えば、〝フィルターしか掃除してくれない〟のです。
 
 
でも、一番汚れるのはそこじゃないんです。
 
 
フィルターにはホコリは付着しますが、
カビが生えたりはしません。
 
 
一番汚れて、
一番カビが生えて、
一番不衛生なのは『熱交換器』です。
 
 
画像
 
 
つまり、
エアコンの奥の奥の方が一番汚れるのですが、
そこだけはエアコン洗浄クリーニングでしか掃除することができません。
 
 
なので、
カビや臭いが一切気にならないというのであれば問題ありませんが、
〝気になる!〟というのであれば、
お掃除機能のついたエアコンであってもそうでなくても、
エアコン洗浄クリーニングはやらないといけません。
 

お掃除機能付きエアコンの洗浄クリーニング方法

 
 
『エアコン洗浄スプレー』などは全く綺麗にならないので、
やめた方がいいと思います。
 
 
お金と時間と労力の無駄ですし、
エアコン洗浄スプレーが原因で火災も発生しています。
 
 
自分で分解して掃除できるのであればいいですが、
おそらく、普通の人がエアコンを分解して洗浄することは不可能だと思います。
 
 
なので、
結局は『業者』にお金を払って依頼する必要があると思います。
 
 
金額はだいたい、
お掃除機能なし→15000円〜18000円
お掃除機能付き→20000円〜24000円
 
 
という感じが相場だと思います。
 
 
オススメの業者は、「エアコン取り付け業者」です。
 
 
『ダス○ン』や『お掃除○舗』は掃除のプロかもしれませんが、
エアコンに関しては素人です。
 
 
僕もよく現場で耳にしますが、
お掃除ロボが分解できなくて、
お掃除ロボをつけたまま洗浄していたとか、
 
 
それでお掃除ロボ付きの金額を取られたとか、
ルーバー(羽根)が動かなくなったとか、
故障したとかよく耳にします。
 
 
エアコンのことはエアコンのプロに任せるのが一番です。
 
 
エアコンの構造のことがよくわかっていますから、
細かいところまで分解して掃除してくれますし、
万が一故障したとしても、ちゃんと部品交換で修理してくれます。
 
 
そこらへんの変な掃除屋さんに依頼するくらいなら、
大手の家電量販店に行ってエアコンクリーニングを依頼してください。
 
 
それが一番安全で綺麗になる方法です。
(工事保証も付いてます)
 

エアコンクリーニングのタイミングは?頻度は?

 
 
エアコンクリーニングのタイミングは、
『ファンにカビの塊が付き始めてきた時』です。
 
 
エアコンの使用頻度にもよりますので、
一概に『○年に一回』ということができないんですね。
 
 
全く使っていなければそれだけ汚れませんし、
毎日使っていればそれだけ汚れますし、
ペットがいたらもっと汚れますし、
エアコンの設置環境によっても全然違います。
 
 
なので、
素人が簡単に見分けられる方法としては、
『ファンにカビの塊が付き始めてきた時』
を判断基準にするのが一番簡単です。
 
 
画像
 
 
あとは、
エアコンの寿命も計算に入れておく必要があります。
 
 
例えば、
普通のエアコンの寿命は10年くらいと言われていますが、
8年目にクリーニングをして、
そのあとにすぐ寿命で壊れるかもしれません。
 
 
エアコンクリーニングにはだいたい2万円くらいかかりますから、
2万円使って、その2万円がすぐに無駄になる可能性もあります。
 
 
なので、
使用頻度と設置環境とエアコンの寿命を考慮して、
エアコンクリーニングのタイミングを見計らっていく必要があります。
 
 
僕のオススメは、
あまり使っていなエアコンは5年に一回、
よく使うエアコンは3年に一回くらいがいいと思います。
 
 
5年に一回であれば、
エアコンを購入して5年目にクリーニングして、
あとは壊れるまで使って壊れたら買い換えでOKです。
 
 
3年に一回であれば、
エアコンを購入して3年目にクリーニングして、
またその3年後にクリーニングして、
あとは壊れるまで使って壊れたら買い換えでOKです。
 
 
もう直ぐ寿命が来そうであれば、
もうクリーニングは諦めて、
その2万円を新品購入の足しにしてしまった方が賢い場合もあるってことですね。
 
 
ぜひ参考にしてみてください。