どうもこんにちは。
プロのエアコン施工職人板倉です。

エアコンクリーニングはお掃除ロボが付いていても、
付いていなくてもやる必要があると思います。

カビとかホコリとか臭いとか電気代とか冷房効率とか、
全く気にならないのであれば、やる必要はありませんが、
もし、カビやホコリや臭いや電気代や冷房効率のことを気にするのであれば、
クリーニングをすることをお勧めします。笑

今日はそんなエアコンクリーニングの『料金』とその内容について解説していきます。

よろしくお願いします。

エアコンクリーニングの料金はいくらくらい?

エアコンクリーニングは基本的に2種類あります。

一つは、エアコンを壁に掛けたまま洗う『高圧洗浄クリーニング』
もう一つは、エアコンを取り外して洗う『分解洗浄クリーニング』です。

当然、『分解洗浄』の方が、
パーツを一つ一つ分解して洗うことができるので綺麗になります、

エアコンを壁に掛けたまま行う『高圧洗浄クリーニング』では、
目に見えないエアコン内部までしっかり洗えているかどうかが確認できませんし、
100%綺麗にできるかというとそうではありません。

なので、本当に100%隅々まで綺麗にしようと思ったら、
分解洗浄クリーニングがオススメなのですが、
やはりその金額も高額になってきます。

まず、エアコン取外し料金が約5000円くらい、
分解洗浄クリーニング代が約15000円くらい、(お掃除ロボなし)
クリーニング後のエアコン取付代が10000円くらい、
合計で3万円くらいかかっちゃうんですね。笑

さすがに、エアコンの掃除だけで3万円ともなると、
かなりの金額ですから、なかなか庶民には厳しいですよね。

ですので、分解洗浄クリーニングをもしやりたいと思うのであれば、
「引越し」のタイミングでされることをお勧めします。

もうすでに持ち家があって、
引越しする予定がなければそれで終わりですが、
現在、賃貸に住んでいて今後引越しの予定があるのであれば、
その引越しのタイミングで分解洗浄をやれば、
本来かかるはずの取外し料金と取付料金が引越しの経費に含まれるので、
実質、15000円ほどで分解クリーニングをすることができます。
(お掃除ロボなし)

なので、引越しを検討されている方は、
そのタイミングがベストかなーと思います。

しかし、そうでない場合、
引越しもしないし、わざわざエアコンクリーニングのために、
エアコンを取り外して洗って、また取り付けて・・・
っていう面倒なことをしたくない場合は壁掛けの「高圧洗浄クリーニング」をお勧めします。

壁に掛けたままやるエアコンクリーニングの料金

壁に掛けたままやるエアコンクリーニングの料金は、
各業者によって違いますが、業界全体の平均としては、

・お掃除ロボなし→12000円〜15000円

・お掃除ロボあり→18000円〜21000円

くらいが妥当な金額なんじゃないかと思います。

壁に掛けたまま洗浄するとは言っても、
「全面パネル」や「ルーバー」やいろんな「センサー類」を分解しますから、
エアコン全体の半分くらい分解するイメージでしょうか?

結構バラしますので、
そういう時間もかかるし、
強力な洗剤も使いますので、最低でも1万円はかかると思います。

僕も友人や知人に個人的に依頼されたとしても、
だいたい1万円くらいで請け負っていますので、
もし、1万円以下でやるという業者さんがいたら、
その業者さんはものすごく良心的な方か、もしくは超ど素人の可能性がありますので注意です。

さらに、「お掃除ロボ」が付いていると、
分解するのにもっと時間がかかるし、
作りも複雑なので、洗うのにも時間がかかります。

ですので、「ノーマルタイプ」よりも、
「お掃除ロボ付き」のエアコンの方がクリーニング料金は高めに設定されています。

お掃除ロボ付きだと18000円くらいとる業者が多いと思いますね。

その他の追加料金などはあるのか?

エアコン洗浄クリーニングに関しては、
その他の追加料金などは一切ありません。

もし、あるとするなら、
ドレンホースの劣化による交換の必要性を迫られた時くらいでしょうか?

エアコンというのは、
冷房を使うと内部から水が出てくるので、
その水を屋外に排出する「ドレンホース」という管があるんですね。

それが劣化していると、壁の中で水が漏れたり、
思わぬ場所での水漏れが発生したりするので、
もし、そのホースが劣化していた場合、
「これ、交換したほうがいいですよ」と言われるかもしれません。

その場合は、追加で1000円〜2000円も払えば十分でしょう。

ドレンホースなんてそんなに高いものでもありませんので、
ほとんど「手間賃」みたいなものですね。

あとの追加料金としては、
例えば、「室外機」が異常に汚れている場合などでしょうか?

室外機の裏側も空気の吸い込み口があって、
ペットとかが近くにいるとよくその吸い込み口にペットの毛が絡まっていたりします。

あとはホコリの多い場所とか、
交通量の多い国道沿いの建物とかは、室外機が異常に汚れていますね。

そういう場合も、
ついでに高圧洗浄で綺麗になりますから、
もし、室外機が異常い汚れている場合には一緒にやってもらった方がいいかもしれません。

室外機洗浄の追加料金も2000円〜3000円くらいでやってくれると思うので、
汚れが綺麗になることを思えば、仕方のない出費かもしれません。

あとはどうでしょう、
可能性としてあり得るのは、
エアコンの室内機が傾いて設置されている場合などでしょうか?

これはちょくちょくあるパターンなのですが、
先ほどちょっと解説したエアコンの室内機から出てくる水なのですが、
エアコンというのは、その出てくる水をエアコン室内機の右側から流すか、
左側から流すかのどちらかなのですが、

例えば、エアコン室内機の右側にドレンホースを出しているのに、
エアコン室内機の右側が高くなっていたら水が素直に流れませんよね?

こういうのを、〝勾配〟って言いますが、
エアコンの水の勾配がしっかりとれていないパターンというのがちょくちょくあるんです。

つまり、
エアコンの洗浄をしていると、
流れていくべき方向とは反対側に水が溜まっていってしまうんですね。

こういう場合は、お客さんに説明して、
その勾配を直すっていうことをやったりします。

普通、そこまで丁寧にやる業者はいませんが、
水がたまりやすいっていうことは、カビが生えやすいっていうことなので、
せっかくクリーニングしてもまたすぐ汚れちゃうんですね。

なので、お客さんの中には、
多少、余分にお金を払ってでも勾配を直して欲しいという人はいます。

僕の場合、そういう案内をして、
直して欲しいと言われた時にだけ直すようにしています。

料金ですが、
裏技的に直す場合は1000円ほどで、
ちゃんと治す場合には5000円もらいます。

これは、はっきり言って取付けた業者の責任ですから、
もし、家電量販店などでエアコンを購入して取付けてもらった場合、
通常は『10年間の工事保証』が付いているはずですから、
その工事保証を利用して、修復費用を負担させることができます。

事後報告だと相手の印象も悪いですから、
その場で購入した量販店の店舗に電話して、
事情を説明して、修復費用を負担して欲しいと言えば、
大抵は折れてくれます。

エアコンの工事業界というのは、
基本的には自分がやった工事のクレームは自分で処理するのが常識ですから、
そういう電話をすれば、量販店がデータを遡って、どこの誰が工事したのかわかるようになっています。

実際に工事した職人が修復に来るということもありますが、
職人からしてみればクレームのあった家にあまり行きたくありませんから、
お金で解決できるならお金で解決したいというのが本音です。笑

その場合、自腹ということになるのですが、
5000円くらいなら簡単に払ってくれるので、
自分で負担することなく、堂々と権利を主張しましょう。笑

そんないい加減な工事をする方が悪いですからね。

追加料金に関してはそれくらいですね。

クリーニングの時間はどれくらいかかる?

だいたい、
エアコンクリーニングは2時間くらいだと思ってもらっていいと思います。

複雑なお掃除ロボが付いている場合や、
エアコンの真下にベッドとか、勉強机があるとか、
そういう、クリーニングとは別の作業が入ってくると、
もっと時間がかかるかもしれませんが、
基本的に作業だけでいえば2時間くらいだと思います。

作業工程としては、
まず部屋の養生、
それからエアコンの分解、
カバーをかけて洗浄、
分解したパーツの洗浄、
元に戻して試運転しながら乾燥・・・って感じです。

どんなに遅くても3時間はないと思います。

エアコンクリーニングの料金とその他注意点まとめ

エアコンクリーニングは「お掃除ロボなし」で12000円〜
「お掃除ロボ付き」で18000円〜で、
追加料金があるとしても5000円以上の追加料金は普通ありません。

所要時間としては1時間半〜2時間くらいだと思います。

以上、
エアコンクリーニングの解説でした!

ありがとうございました!

エアコン分解洗浄クリーニングの頻度はどれくらい?