どうもこんにちは。
 
 
プロのエアコン施工職人板倉です。
 
 
今日は、
『中古の激安エアコンは大丈夫なのか!?』ということで、
超個人的な意見を述べさせていただきます。
 
 
メーカーは自分たちにとって良いことしか言いませんし、
量販店の販売員も都合のいいことしか言いませんので、
最も消費者の立場に近い施工職人の意見を参考にしてみてください。
 
 
それでは早速行ってみましょう!
 
 
エアコン施工職人が教える、
『本当のエアコンの選び方』です。
 
 
※多少、行き過ぎた表現がありますが、
 あくまで個人的な意見ですので、
 絶対に参考程度にとどめておいてくださいね!

中古の激安エアコンは大丈夫?

 
安いエアコンがないかどうか、
ネットで探していると「中古エアコン専門サイト」みたいなサイトを発見しました。
 
 
そのサイト内では、
3年落ちのエアコンが新品の時の半額くらいで販売されていました。
 
 
新品で6万円の商品が中古で3万円・・・
3年落ちで半額・・・
ってどうなんでしょうか?笑
 
 
一応、クリーニングもされているみたいですが、
どうなんでしょうか?笑
 
 
僕が思うに、これはもう、
〝安ければなんでもいい〟
っていう人向けだと思います。
 
 
僕はわざわざエアコンを中古で買わないし、
買うとしたら間違いなく新品で買います。
 
 
例え半額で買えたとしても、
どこの誰がどんな使い方をしていたかもわからないし、
どこの職人がどうやって外したのかもわからないからです。
 
 
中古のエアコンを販売しているということは、
逆に、エアコンを中古で買い取っているということであり、
中には、素人が自力で取り外したエアコンも混じっているはずです。
 
 
プロが外したのなら、まず間違い無いでしょうが、
素人が外したかもしれないエアコンを僕は使いたくないですね。笑
 
 
エアコンを取り外す時には、
「ポンプダウン」っていう手順が必要ですが、
このポンプダウンをうまくやらないとガスが減ったり、
ガスの中に空気が混じったりして、エアコンの性能が落ちます。
 
 
中古エアコン販売サイトでは、
「クリーニング→動作確認済み」とか書いてありましたが、
ガスが減っているかどうかのチェックはまず行っていないでしょう。
 
 
ガスが減っているかどうかはガス圧を測ればわかりますが、
その機種によってガス圧が違うので、
毎回いろんな機種のガス圧正常値を調べて、
正常なガス圧かどうかチェックしているなんて、
人件費のことを考えれば、まずありえません。
 
 
それに、簡単にガス圧をチェックするとか言ってますが、
ガス圧を計るためには、一度室内機と室外機を繋いで、
コンセントを差して、試運転しなければなりませんし、
 
 
ガス圧が正常だからといって、
ガスに空気が混じっているかどうかは、
残念ながらガス圧を計っただけではわかりません。
 
 
分解クリーニング後の動作確認の際、
ついでにガス圧を計っているのであれば、
それはそれで理にかなっている気がしますが、
なんとなく動作確認すらまともにやっていない気がします。笑
 
 
分解クリーニングをして、
さらに、そのエアコンの室内機と室外機をつないで、
ガスを通して、試運転をして、適正ガス圧を調べてガス圧を計って、
終わったらまたポンプダウンをして取り外す?
 
 
たった一台のためにそんなことやってるわけねーだろ!
って感じです。笑
 
 
エアコンの分解クリーニングをちゃんとやろうと思ったら、
まず半日はかかるしそれを室外機とつないで試運転して、
ガス圧まで計って、ガスが足りなかったら補充して、
全て問題なければポンプダウンして取り外す?
 
 
そんなことしてたら、
普通に5〜6時間はかかるのではないでしょうか?
 
 
下手したら1日作業です。
 
 
人件費が1日1万円と考えれば、
中古のエアコンを3万円台で販売している計算が合いません。
 
 
まず、ガス圧のチェックはやっていないだろうし、
下手すると動作確認もやっていないでしょう。
 
 
そんなエアコン、怖くて買う気にならない。
というのが僕の本音ですね。
 
 
あ、ちなみにこんなことも書かれていました。
 
 
 
 
かなりヤベーですね。笑
 

製品保証が3年くらいついているらしい

 
ちなみに3000円余分に払うと3年保証が付けれるみたいですが、
それは「5年落ち」までの機種に限られているようですね。
 
 
調べてみると、
2012年製の中古エアコンには3年保証の欄がなく、
2013年製以降の中古エアコンには3年保証をつけるかどうかの選択肢があります。
 
 
だいたい、エアコンの寿命が10年くらいなので、
現在、2018年なので、2012年製に3年保証をつけると、
製造年から9年後のことなので、壊れる可能性が高いと判断しているのでしょう。
 
 
「5年落ち」までなら、3年の保証を付けても、
製造から8年後のことなので、壊れるギリギリっていう感じでしょうか。
 
 
まぁ、その保証が本当に保証してくれるのか結構な疑問ですし、
なんだかんだと理由をつけて保証してくれなさそうですが、
どうなんでしょうか?
 
 
保証内容の明細をサイト内に貼り付けておいて欲しいところですね。
 

論点はやはり、「壊れないかどうか」と「コスパ」

 
もう、ここじゃないでしょうか?
論点は「壊れないかどうか」と「コスパ」でしょう。
 
 
「壊れないかどうか」ってことですが、
こればかりは〝運次第〟みたいなところもあります。
 
 
基本的に、エアコンというのは移設しても問題ありません。
 
 
ちゃんとしたプロが作業すれば、
ガスは一切減りませんし、壊れることもありません。
 
 
しかし、ここに素人の作業が混じってくると、
必ずしもそうとは言えなくなります。
 
 
ガスが減ったり、ガスに不純物が混じると、
それがのちに不具合を起こす原因になったりします。
 
 
そういう、人為的な不具合プラス、
エアコン本体の寿命というやつがあります。
 
 
エアコンは10年くらいでわざと壊れるように設計されているので、
ちょっとその計算が狂って、5年くらいで壊れてしまうものも少なくありません。
 
 
これはもう、〝運次第〟ということになるのですが、
中古のエアコンを購入した時に、
そういう人為的な不具合プラスエアコン本体の寿命次第では、
買ってすぐに壊れてしまう可能性もあります。
 
 
まぁ、エアコン本体の寿命に関しては、
新品のエアコンでも同じことがいえるので、
それほど気にすることではないのかもしれませんが、
とにかく、〝運〟がモノを言う世界の話ですので、
個人的には、中古のエアコンを購入して、
わざわざ壊れる確率を増やすようなことはしなくてもいいんじゃないかと思います。
 
 
そこで、
次にポイントになってくるのが、「コスパ」だと思います。
 
 
要は、
そのリスクを取ってでも、
それ以上のリターンが得られるかどうか?
 
 
つまり、それだけ安く快適な時間が過ごせるかどうか?
っていうことが大きなポイントになってくるはずです。
 
 
例えば、中古のエアコンを3年落ちで買うとしましょう、
2015年製のパナソニックの6畳用エアコンを35000円で購入するとします。
 
 
エアコンは他の家電と違って、
エアコンを購入しても、取り付け工事をしなければ使えませんので、
取り付け工事を依頼するとします。
 
 
つまり、総支出としては、
 
エアコン本体代金+取り付け工事費=総支出
 
ということになるので、
エアコン本体の価格だけを見て〝安い〟と判断するのは早計です。
 
 
で、そのエアコン取り付け工事費がいくらになるのかというと、
エアコン業界の平均的な金額で言えば、
「1万円前後」だと思ってもらって問題ないかと思います。
 
 
この「1万円前後」というのは、
あくまで6畳用の話であって、
これが24畳用とかになると工事代は2万円くらいになります。
 
 
しかし、今回は6畳用のエアコンを購入すると仮定しているので、
6畳用エアコンの工事費としては、基本的に1万円くらいです。
 
 
つまり、
35000円の中古のエアコンを購入した場合、
プラス工事費が10000円で、合計45000円の支出になります。
 
 
で、例えば、
同じ製造年の同じクラスのエアコンを新品で購入した場合、
エアコン本体は大体、4万円くらいです。
 
 
取り付け工事費を1万円としても、合計5万円です。
 
 
たった1万円の違いで、
中古・・・買います?笑
 
 
どう考えても中古を買うメリットってないですよね。笑
 

実際にどういうことか、検索してみた。

 
では、実際に同じメーカー、
同じ製造年月、同じ型番の商品が、
中古と新品でどれくらいの価格差があるのか確かめてみましょう。
 
 
使うのは
「某中古オンラインショップ」
「価格.com」です。
 
 
まずはこちら。
 
『パナソニック CS-226CFR』
 
中古→37584円
 
 
新品→39800円
 
   ↓
 
差額2216円!
 
 
 
『パナソニック CS-227CFR』
 
中古→39744円
 
 
新品→39800円
 
   ↓
 
 差額 56円!
 
 
これはもう、
どう考えても中古を買うメリットってないんで、
やはり中古はやめたほうがいいですね!
 
 
では以上です!
どうもありがとうございました!