ルームエアコンを設置する時には必ず室内機と室外機を「冷媒配管」というもので繋がなければなりません。

通常であれば、室内機が室内に設置され、その室内機の背面とかの壁に「配管穴」を空け、そこから冷媒配管を外に出して、外にある室外機と接続します。

しかし、集合住宅で管理会社から穴あけ許可が下りないとか、RC構造(鉄筋コンクリート)で建設時に配管穴が空いていないという場合があります。

鉄筋コンクリートでも、弊社であれば穴あけ工事可能ですので、管理会社の許可さえあれば穴あけ工事をさせてもらって、普通の方法でルームエアコンを設置することは可能です。

しかし、構造的に穴を開ける場所がないとか、そもそも管理会社の許可が下りないということであれば、窓用エアコンか窓パネルの設置してのルームエアコンを取り付けるという選択肢になるかと思います。

窓用エアコンでも窓パネルでもそもそも「窓」がなければ設置できませんし、窓は窓でも「はめ殺し」と言われる、「全く開けることができない窓」や「すべり出し窓」「上げ下げ窓」などの特殊な窓には設置できません。

いわゆる、普通の「引き違い窓」「片引き窓」でなければ窓用エアコンも窓パネルも設置できません。

では、仮に「引き違い窓」もしくは「片引き窓」であるとして、そこに窓パネルをどのように設置するのかというと、一つは「小窓パネル」というものがあります。

小窓パネル

(http://saidenkan-nishii.com/cgi-bin/blog/eblog.cgi?archive=1526114868)

団地などでよく見かける小窓ですが、これは換気用の小窓からエアコン配管を外に出す方法で、最も簡単な窓パネルの施工方法です。弊社ではこちらは2000円の追加料金で施工しています。

小窓というのは窓を閉めて鍵をかけた状態で、小窓だけを開けたり閉めたりできますので、この場合は窓は今まで通り、完全に閉めることができますし、鍵も書けることができます。

ただし!エアコン配管を通している側の窓は閉めっぱなしで、エアコンが設置されている限り、開くことができなくなりますので注意が必要です。
完全に片側しか開けることができない窓になりますのでご了承ください。

続いて、小窓パネル以外の窓パネルですと、あとは窓の高さによって色々と種類はありますが、基本的に構造は同じ構造になります。

窓パネル

(http://www.world-denka.com/cathand/detail-107381.html)


普通の窓をちょっとだけ開いて、その開いた隙間に窓パネルというアルミ製のパネルをはめ込み、そのアルミパネルの上部に開いた穴から配管を屋外に出します。

この方法であれば、窓パネルとは違い、窓を両方どちらでも開くことができるようになります。

しかし、逆に常に窓がわずかに開いた状態になりますので、鍵がかけられなくなります。

なので、専用の鍵を新しく設置し、家を不在にする時にはもちろん、家にいるときでも防犯の意味でその鍵を常にかけておく必要があります。(冷房を使っていたら窓は閉めていると思いますので)

そこだけが窓パネルとの違いですので注意が必要です。

小窓パネルは鍵がかけられるけど窓が片側開かなくなる。
普通の窓パネルは鍵がかけられなくなる代わりに窓は開けられるようになる。

この違いをまずは理解しておいていただけるとよろしいかと思います。

窓パネルのカラーは僕が知っている限り、シルバーとブラウンのみになります。

弊社の金額は、
小窓パネルが2000円、
280mm〜380mmの窓パネルが4000円
850mm〜1380mmの窓パネルが5000円
1260mm〜2200mmの窓パネルが7000円
それ以上の窓は普通ありえませんが、もし、依頼があれば別途見積もりという形で対応させていただきます。

あとは、窓パネルではありませんが、「ガラス穴あけ」という方法もあります。

こちらも普通のエアコン屋さんでは工事不可だと思いますので、弊社では最低15000円以上にはなりますが、別途見積もりという形で対応可能です。

窓用エアコンも設置できず、窓パネルも設置できず、コンクリートにも穴を開けられず、どうしてもガラスに穴を開けるしかない場合もありますので、その時は相談していただければと思います。