ルームエアコンの敷地外移動工事とはつまり、「引越し」とか「移設」ということなのですが、この場合、少し普通の取り外し取付工事よりも割高になります。

なぜなら、入替え処分の作業であれば取外すエアコンに関しては「ゴミ」ということなので、多少乱暴に扱ってもいいですし、それ程気を遣う事もありませんが、「移設」ということになると、また次もちゃんと使えるような取外し方をしなければならないからです。

具体的には、取り外し作業には「ポンプダウン」という工程があり、室外機に冷媒ガスを閉じ込める作業をするのですが、そのポンプダウンの時間を長めにとり、冷媒ガスにコンプレッサーオイルを吸着させる必要があるのと、室内機と室外機の接続配管を取外した時に、機械内にゴミが入らないようにキャップをつけたり、室内機補助配管を傷つけないように取外したり、取外した後も室内機が傷つかないように毛布などでくるんだり、単純に手間と時間が増えます。

なので、弊社では通常の取外し工事が5000円であるのに対し、「敷地外移動」に伴う取り外し工事では7000円の工事料金でやらせていただいています。

エアコンを取外したあとは「配管穴」の穴が空いたままになりますので、そのままですと室内に雨が入ったり、虫が入ってきたりするので、「パテ」という粘土みたいなもので穴は塞ぎます。

しかし、パテの見た目はあまりよくありませんので、もし、パテが気に入らない方は専用の穴ふさぎ部材を使用する事もできます。その場合は別途で2000円の追加料金がかかります。

また、「敷地外」ということはその室内機なり室外機を別の場所に運搬する必要があり、その運搬作業をお客さんがやってくれるのであれば運搬料金はかかりませんが、僕らで運搬するとなると「運搬料金」が別で発生します。

「運搬料金」は距離によっても変わってくるのですが、基本的にはどれだけ近くても最低2000円が基本料金で、あとは追加で距離数(km)×300円という計算方式を採用させていただいています。

エアコン本体を運搬して、次の新しい場所に取り付ける料金は基本料金と同じですので、弊社であれば2.2kw1台あたり12000円でやらせていただいております。

なので、例えば、弊社に「敷地外移動」を依頼していただけるのであれば、
まず、取外し料金が7000円、
穴ふさぎをしっかりした部材を使用するなら2000円、
運搬料金が10kmの運搬であれば2000円+3000円で5000円、
取付工事が12000円の合計26000円+税で合計28600円になります。

この金額が安いかどうかはお客様の価値観次第ではあるかと思いますが、「業界の相場」という観点で言えばかなり安い方です。

量販店で依頼したらまず手持ちエアコン取付料金だけでも25000円かかりますから、トータルで3万円4万円かかってくる事もあると思います。

3万4万かかるくらいだったら、「いっそのこと新品買ったほうがいいじゃん」と思われる方もいるかもしれません。実は、量販店の狙いはそこにあります。

ですので、量販店では新規購入を伴わないエアコン工事は割高に設定されているんです。

つまり、ウチみたいな商品の販売をやっていないところに頼むのが一番お得になると思いますよ・・・と、宣伝しておきますね。

以上、ルームエアコンの敷地外移動工事料金の解説でした。